スポーツ合宿の里は、カーリングのまち

スポーツ合宿の里北見は、実はカーリングのまち。北見市は、常呂自治区を中心にカーリングがとても盛んで、ジュニア選手からプロのチームまで、たくさんの選手が日々切磋琢磨しています。そのような環境から、北見市では多くのカーリング日本代表選手を輩出しています。

北見市常呂自治区とカーリング

 常呂自治区におけるカーリングは、北海道とカナダ・アルバータ州の姉妹提携を縁に行われた「カーリング講習会」により導入され、昭和55年(1980年)1月にビールのミニ樽を利用した手作りのストーンにより、その歴史が始まりました。新しもの好きの町民は、翌月には協会を組織し、スケートリンクの片すみでプロパンガスボンベを利用した鉄球を作るなど活動と普及に乗り出しました。

 昭和62年(1987年)には、「はまなす国体デモンストレーション行事」として「カーリング競技」が常呂町で開催されることが決まり、その施設として国内初の「屋内カーリング専用リンク」の建設が着工され、翌63年(1988年)1月に5シートの「常呂町カーリングホール」が完成、平成元年(1989年)2月に全道から男子32チーム、女子12チームが参加して国体が開催されました。

 平成2年(1990年)から、小学校において冬の体育の授業でカーリングが取り入れられ、現在では中学校・高等学校の常呂自治区内のすべての学校において行われています。

常呂カーリング倶楽部WEBサイトより

<アドヴィックスカーリングホール>

常呂自治区での大会開催実績

アドヴィックス常呂カーリングホール

 数多くのオリンピック選手・トップカーラーを輩出してきました従来のカーリングホールが平成25年11月1日「アドヴィックス常呂カーリングホール」として生まれ変わりました。

国際大会開催規格に準拠し、国内最大の競技場数6シートを備えた専用屋内施設です。

 一般の方のご利用はもちろん、国内トップチームの練習や各種カーリング大会、学校授業、社会人の研修事業、観光体験など幅広く活用できますので、ぜひご利用ください。

は常呂カーリング倶楽部WEBサイトより

河西カーリングホール

 北見自治区にあるカーリングホールです。

詳しくは北見カーリング協会北見支部Facebookページより

<平成29年度>

2017アドヴィックスカップ:7月14日~17日

2018平昌オリンピック女子日本代表決定戦:9月8日~10日

第38回NHK杯カーリング選手権大会:11月3日~5日

第32回オホーツクブロックカーリング選手権:12月23日~24日

第11回北海道ミックスダブルスカーリング選手権大会:2月9日~11日

第26回オホーツクブロックジュニアカーリング選手権:2月17日~18日

 

<平成28年度>

2016アドヴィックスカップ:7月15日~18日

ユニバーシアード日本代表選考会:9月7日~11日

第37回NHK杯カーリング選手権大会:11月18日~20日

第31回オホーツクブロックカーリング選手権:12月24日~ 25日

第36回北海道カーリング選手権大会:1月11日~15日

第25回オホーツクブロックジュニアカーリング選手権:2月18日~19日

第10回全農日本ミックスダブルスカーリング選手権大会:3月1日~5日 .

 

<平成27年度>

2015アドヴィックスカップ:7月17日~20日

2015パシフィックアジアカーリング選手権日本代表決定戦:9月16日~21日

第27回北海道シニアカーリング選手権大会:11月13日~15日

第36回NHK杯カーリング選手権大会:11月21日~23日

第30回オホーツクブロックカーリング選手権:12月26日~27日

第24回オホーツクブロックジュニアカーリング選手権:2月27日~28日

 4 REAL

2012年に創部され、2017年の夏から北見市に拠点を移し活動し、北見市常呂町出身の選手も在籍している。

チームカラーのリアルネイビーは真面目、信頼という意味を持つ色から、チーム名「4REAL」(真剣に)と同じ意味合いからチームカラーに採用。袖にはライムグリーン(新芽の色)を用い、若い選手の勢いをイメージしている。

(4REAL公式HP、公式Facebookより)

主な成績

・2017どうぎんカーリングクラシック – 3位

・2017アドヴィックスカップ – 優勝

2010年に結成され北見市常呂町を拠点に活動し、日本女子カーリング界のトップチームのひとつ。

精度の高いショットとメンタルの強さに定評があり、チーム内のコミュニケーションを大事にしている。

主な成績

・第30回北海道カーリング選手権 - 優勝

・第25回パシフィックアジアカーリング選手権 - 優勝

・第33回日本カーリング選手権 - 優勝

・2016年世界女子カーリング選手権大会 - 準優勝

・2017年平昌オリンピック代表決定戦において勝利し日本代表候補に内定

・2018年平昌オリンピック銅メダル

L S 北 見

カーリングは、常呂自治区において全ての学校において行われ

北見自治区におきましては授業の一環として

カーリングを取り入れている中学校もあります。

 

また、北見市体育協会等が主催としているカーリング教室もあります。

 

これらの機会をきっかけにし

カーリングチームに加入あるいは自らチームを設立し

練習を重ねジュニアの大会や一般の大会を目指しています。

カーリングは、エンドと呼ばれる1回の攻守で、リード、セカンド、サード、スキップの4人が2回ずつ合計8回ストーンを投げ、中心の近くにストーンを置いたチームのストーンの数を得点とし、10エンドの得点の合計を競うゲームです。

攻守の順番は、第1エンドはコイントスによって決め、以降は前のエンドで勝利したチームが先行になります。

自分のチームのストーンの距離を伸ばしたり、方向を調整するために氷を掃くことをスイーピングといい、スキップは相手チームのストーンに対して、ハウスの中央を横切るライン(ティーライン)より後ろでスイーピングすることできます。

相手チームのストーンに自チームのストーンを当ててハウスからはじき出すこともできますが、各チームのリードが投げ終わるまではフリーガードゾーンにあるストーンをプレーエリアから出してはいけません。

カーリングでは必ずストーンに回転をかけ、時計回りに回転し右側に曲がるインターン、反時計回りで左側に曲がるアウトターンがあります。

また、カーリングにはドロー系のショット、相手の石をはじき出すテイク系のショットショット、大きく分けて2種類のショットがあります。

カーリングでは後攻チームが最後にストーンを投げるので、後攻チームが1点を取るのは容易であるため、後攻チームは2点以上取るか、双方を0点に抑えて次エンドに後攻のまま繋ぐのが目標になります。

逆に先攻チームは、相手に1点だけを取らせ次のエンドで後攻になるよう戦います。

北見市はスポーツ合宿の里

日照時間が長く、本州に比べて低湿度で夜が過ごしやすい北見市は

昭和60年、明治大学ラグビー部の合宿が起源にスポーツ合宿が盛んになり

夏季にはトップリーグを含むラグビーチームの練習と強化試合が市内の各グラウンドで行われており

近年では陸上・武道・カーリング・スキーなど多種目のスポーツ合宿が盛り上がっています。

 

最寄りの女満別空港からも車で約40分とアクセスの良さはもちろん

市内にはグラウンド以外にも陸上競技場、体育館、カーリングホール、プールなど様々なスポーツ施設があります 食事の3食対応が可能な宿泊施設もあり。北海道の充実した食材による料理も魅力のひとつ

近年では近隣の自治体と連携し、オホーツク管内全体で合宿受け入れの質の向上に努めています。

トップ選手からサークル活動、部活動、スポーツツーリズムまで、

「スポーツ合宿の里北見」では、幅広い合宿ニーズにお応えします。

カーリングのまちは、スポーツ合宿の里

北見市スポーツ合宿実行委員会

〒099-2194

北海道北見市端野町二区471番地1

端野総合支所2階スポーツ課内

北見市スポーツ合宿実行委員会 事務局

TEL:0157-33-1842 / FAX:0157-33-1745

E-mail:sports@city.kitami.lg.jp

Copyright© 北見市スポーツ合宿実行委員会, ALL RIGHTS RESERVED